エスプリ

世界を高みへと導くシャンパン

ドン ペリニヨンには単一年に収穫された葡萄のみを用いてヴィンテージを造るという確固たる信念があります。


一つ一つのヴィンテージの誕生は、ドン ペリニヨンの理想の味わいを追求する永遠の旅路の始まりです。その理想とは、絶え間なく変化する自然の恵みから、完璧なハーモニーを体現することです。


ドン ペリニヨンは理想のハーモニーを実現するため、一切の妥協を許しません。もし優れたワインができない場合はそのヴィンテージを発表しないという代償が伴います。

ドン ペリニヨン誕生の物語



1668年、ベネディクト会の若き修道士、ドン・ピエール・ペリニヨンは、シャンパーニュ地方の丘に建つオーヴィレール大修道院のセラーマスターに任命されました。


ドン・ピエール・ペリニヨンは、ワインをシャンパーニュへと進化させ、シャンパーニュが秘める創造する力を体現することに見事に成功しました。


ドン・ピエール・ペリニヨンの大望と創造の物語は、メゾンが誕生してから現在に至るまで、インスピレーションの源として大切に受け継がれています。

ヴァンサン・シャプロン、
醸造最高責任者



ヴァンサン・シャプロンは前醸造最高責任者リシャール・ジェフロワの右腕として13年間醸造を担ったのち、2019年にドン ペリニヨンの醸造最高責任者に就任しました。


ヴァンサンが、真の意義として掲げるドン ペリニヨンのビジョン。それは、「感情を呼び覚ますようなハーモニー」です。このビジョンは彼の創造的野心に意味を与え、彼に託された使命への指針となり - それぞれのヴィンテージの制約とドン ペリニヨンのスタイルのバランスを取りながら、驚きと喜びに満ちたヴィンテージを生み出しています。


メゾンのルーツからインスピレーションを得て、ヴァンサン・シャプロンはドン ペリニヨンの美しい理想を永続させ、創造の中で育まれてきた伝統を尊重しながら、そこに彼ならではの専門技術と感性をもたらしています。

"私たちは葡萄畑とワインを熟知する必要があります。葡萄畑とワインを心から愛し、悦ばせることで調和につながるアッサンブラージュを生み出すことができます"