ヴェルサイユ宮殿で味わう「ドン ペリニヨン P2」究極のエクスペリエンス

ニュース

戻る

ヴェルサイユ宮殿で味わう「ドン ペリニヨン P2」究極のエクスペリエンス

ドンリニヨンでは、このたび、2017年に開催予定の「ドンペリニヨンP2」をインスピレーションとした、特別なエクスペリエンスについて、お知らせいたします。

このエクスペリエンスは、シェフであり、クリエイターでもある、アラン・デュカス氏とのコラボレーションによって実現される、テイスティング イベントです。

この特別な体験の中心を彩るのは、第二のプレニチュード、すなわち「P2」のステージにある、「ドン ペリニヨン P2-1998」、そしてテイスティングのために考案されたディナーメニューです。

卓越性、創造性、そして驚きの連続。「ドン ペリニヨン P2-1998」のために特別に考案されたメニューからは、これらの感覚が一体となって押し寄せます。シェフは、コンテンポラリーな調理テクニックを駆使して、ワインの3つの構成要素、つまり、鮮烈さ、ミネラル感、そして精密さを、遊び心あふれるかたちで料理に表現しました。このコラボレーションを通して、ドン ペリニヨンとアラン・デュカスが目指すのは、シンプルな挑戦を成し遂げること。すなわち、日常のセンセーションを超越してゆくことです。

コースが出される順序こそ、18世紀を彷彿とさせるものがありますが、「ドン ペリニヨン P2-1998」と合わせた料理は、全てがコンテンポラリー。風味と食感が奏でるこの上なくモダンなコンビネーションを存分に味わうことができます。ヴェルサイユ宮殿の豪華な空間、ディナーまでの儀式的なアプローチ、洗練されたノスタルジーを誘う給仕係の服装やテーブルウェア、そして細部にまで注意が払われたサービスなど、すべてが偉大なワインを体験するための唯一無二の舞台を作り上げています。

このラグジュアリーかつコンテンポラリーなエクスペリエンスは2017年に特別なゲストのために実施される予定で、単なるディナーを超え、さらにカスタマイズされたプライベートな体験ができるオプションが用意されます。