Rosé 2005

ロゼ

2005

スリル・オブ・ピノ・ノワール

ドン ペリニヨン ロゼは、ピノ・ノワールへのオマージュ。ピノ・ノワールを継続的に生産するには、卓越した能力と謙虚さが求められます。ドン ぺリニヨン ロゼは、シャルドネとピノ・ノワールを完璧なバランスで融合させた、パラドックスに満ちたシャンパーニュといえるでしょう。 10年以上もの時を経て世にでたドン ペリニヨン ロゼの色あいは、若さと成熟、自己主張と謙遜さといった対極にある個性を大胆に表現しています。 ドン ぺリニヨン ロゼには、躍動する繊細なトーンを明瞭にすることで、
ピノ・ノワールの特徴が表れています。

2005: スリル・オブ・ピノ・ノワール

2005年は寒暖差が大きいながらも、全体的には暖かく、雨が少ない年でした。8月は酷暑だったものの、9月の雨と涼しさがその暑さを和らげました。 葡萄畑での徹底した選別の結果、極めて良質な葡萄ができ、これまでにない円熟した芳香になりました。収穫は9月14日から始まりました。

香り

グアバとカレーリーフのトロピカルな香りが、完熟した果実の風味と果皮のクラッシックな香りの中で溶け合い、カカオとトーストしたスパイス香が全体を完成させます。

味わい

刺激的な力強さを内包しています。芳醇さが高まるにつれ、引き締まり、骨格が際立ち、肉感的になっていきます。口の中に残る余韻は傑出したものがあり、リコリスやブラッドオレンジの苦味がかすかに忍び込みます。

料理とのマリアージュ

ドン ペリニヨン ロゼ 2005には、極めて肉感的な味わいがあります。新鮮な酸味、ざらつきのあるタンニン、そして緑を感じさせる風味がこの独自の触感を作り上げます。
フムスやデビルドエッグを添えたラングスティーヌのようなシーフード料理、またはプルニエキャビア、生アスパラガスサラダなどお料理とペアリングすることで、ワインの生命力に満ち溢れた骨格が際立ってきます。カブの葉を添えた炙り和牛の刺身など、肉料理とのペアリングでは、ロゼ 2005はスモーキーなミネラルの風味を感じさせてくれます。

ロゼ ヴィンテージ 2005は、純粋なるピノ・ノワールの側面、すなわち高々と、活き活きとして、遊び心に溢れ、魅惑的な側面、を表現している。それはシャンパーニュという領域を超越した素晴らしいワインである
-ドン ペリニヨン 醸造最高責任者 リシャール・ジェフロワ

あなたへのお薦め