Rosé 2006

ロゼ

2006

スリル・オブ・ピノ・ノワール

ドン ペリニヨン ロゼは、ピノ・ノワールへのオマージュ。ピノ・ノワールを継続的に生産するには、卓越した能力と謙虚さが求められます。ドン ぺリニヨン ロゼは、シャルドネとピノ・ノワールを完璧なバランスで融合させた、パラドックスに満ちたシャンパーニュといえるでしょう。 10年以上もの時を経て世にでたドン ペリニヨン ロゼの色あいは、若さと成熟、自己主張と謙遜さといった対極にある個性を大胆に表現しています。 ドン ぺリニヨン ロゼには、躍動する繊細なトーンを明瞭にすることで、
ピノ・ノワールの特徴が表れています。

ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2006:惹き込まれる躍動感

2006年は変化の多い気候の年でしたが、概ね暑く乾燥した日が続きました。7月は猛暑に見舞われ、8月は例年にない冷え込みと高い湿度を記録しました。9月の真夏のような気候がヴィンテージを決定づけ、乾燥によりボトリティスの発生が抑えられたことで、熟成度は例年に比べ非常に高くなりました。収穫は9月11日に始まり、約3週間にわたり続きました。

香り

うっとりとさせる、複雑に熟したブーケ。ダークスパイスとカカオが混ざり合った最初の香りが、またたく間にローストイチジク、アプリコット、オレンジコンフィといった、極上の果実の香りへと変化して行き、スモーキーなアクセントが全体に漂います。

味わい

口に含んだ瞬間に、ワインの華々しさが広がります。果実を噛んだ時のような甘さとジューシーな風味が力強さを与え、シルクのような口当たりは滑らかに溶け込み、細かい粒子や微かな植物を感じます。ワインは海や潮風の要素を表現しています。

料理とのマリアージュ

ロゼ ヴィンテージ 2006に求められるのは、シンプルな料理-イタリア、スペイン、あるいはフランスを発祥とする、質素で、純粋な、真の南欧伝統料理です。
このワインが完璧に融合した、芳醇さと深みを味わうことができます。

ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2006は、我々を惹きつけてやまない、躍動感が魅力です。
ドン ペリニヨン 醸造最高責任者 ヴァンサン
シャプロン