Vintage 2002

ヴィンテージ

2002

味わい

口に含むと瞬時に心地よさが広がり、その感触は濃密でありながらクリーミーです。果実に支配された舌はエネルギッシュかつ暖かみを帯び、徐々に深みを増してきます。全体の表現は鮮やかな力強さを持っており、ほんのわずかな苦みがそれらの特徴を微かに、しかしスタイリッシュに際立たせています。

香り

フレッシュなアーモンドと穀物の香りの直後に砂糖漬けのレモンやドライフルーツの香りへと変化します。その後スモークとトーストを感じさせるニュアンスが続きます。

2002年の収穫

暖かく乾燥した春は、特に厳しい霜もなく、ほとんど完璧な条件下での開花でした。夏は晴天が続くことが多く、定期的に雨と曇りが繰り返す天候に恵まれました。収穫前の予想外の晴れ間はまさに理想的と言え、8月末から9月初旬の降雨をほとんど忘れさせたほどです。葡萄の「衛生」状態は良好で、ぎっしり実の詰まった房が熟成の度合いを最高のレベルへと引き上げたといえます。収穫は、場所によって9月12日から28日までの間に開始されました。