Vintage 2008

ヴィンテージ

2008

完成されたハーモニー

ドン ペリニヨンは、ヴィンテージに対するこだわりを持っています。単一年に収穫された、最高品質の葡萄のみから造られるヴィンテージ シャンパーニュ。ドン ぺリニヨンは、  それぞれの収穫年の特徴を読み解き、それぞれのヴィンテージごとに新たなる価値を見出します。収穫された葡萄の品質がドン ぺリニヨンの基準に満たない場合は、
その年のヴィンテージが発表されることはありません。
地下セラーで最低8年間熟成させた後、ドン ペリニヨンは最高のバランスを獲得します。これこそがドン ペリニヨンであり、それは完成されたハーモニーです。

2008年:シャンパーニュの奇跡

2008年は、どんよりと雲に覆われた日が多く、好天に恵まれ続けた10年間の中では極めて異例の天候となりました。春・夏ともに日照不足と低気温に見舞われましたが、例年より遅く9月の気候が奇跡的にもヴィンテージを救いました。9月15日に葡萄の収穫が始まった頃には、晴天と北/北東の風が続き、最終的に完璧なコンディションとなりました。好転した気候の恩恵を生かすため、摘み取り作業は長期間に渡って行われました。葡萄の熟成度は予想をはるかに超え、未だかつてない高い水準のバランスが取れた健全なワインとなりました。

2008年ヴィンテージに期待された清々しい酸味、無駄のないシンプルさ、そして純然たる香りに加え、ドン ペリニヨンは深みや密度、そして複雑が加わります。

香り

複雑に明るく輝くブーケに、白い花々、柑橘類、核果(種を持つフルーツ)が混じり合います。爽やかなアニスとすりつぶしたミントが全体を活き活きとさせ、吸い込んだ芳香の中に、スパイス、ウッディー、ローストの香りが広がります。

味わい

ゆっくりと時間をかけて最後に葡萄の味が広がるヴィンテージは、香りと味わいが全体的にまとまっています。すらりと引き締まり、洗練されながらも、エネルギーに満ちあふれ、しっかりとした骨格が情熱的に姿を現し、葡萄が華やかで堂々たる存在感を放ちます。ヴィンテージを特徴づける酸味が、ここでは見事に一体化しています。優れた芳香とともに、ほんのりスモーキーな深い味わいが口の中に長い余韻を残します。

料理とのマリアージュ

ワインは、温かさと新鮮さ、肉類とヨウ素の組み合わせ、手が加えられたものと生ものという二重性を楽しみます。2008年のヴィンテージは、スパイスが豊かな発泡性を演出、密度の高いワインに仕上がっています。ドン ペリニヨンは、料理法、質感、素材が醸し出す、遊び心あふれる経験に共鳴します。

ドン ペリニヨンは2008年ヴィンテージを、シャンパーニュの通説通りの解釈から解き放ちます。
リシャール・ジェフロワ
醸造最高責任者。

ドン ペリニヨンは、 
ヴァンサン・シャプロンを次期醸造最高責任者に任命いたします。

2019年1月1日、ヴァンサン・シャプロンがドン ペリニヨンの醸造最高責任者に就任します。同氏には2005年まで、現在の醸造最高責任者、リシャール・ジェフロワの右腕となり醸造を担っていた実績があります。今回の任務の継承は、今に生きる遺産を体現するドン ペリニヨンの歴史において一つの画期的な出来事であるといえます。 

リシャール・ジェフロワからヴァンサン・シャプロンへの継承を記念して、ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008 レガシー エディションが発売されました。